海外旅行保険の補償でおすすめは治療費が無制限プラン!加入の必要性を解説 

海外旅行保険の補償でおすすめは治療費が無制限プラン!加入の必要性を解説

リスクマネジメント事業・損害保険代理店・生命保険代理店の株式会社NCI【エヌシーアイ】

海外旅行保険の補償でおすすめは治療費が無制限プラン!加入の必要性を解説

海外旅行をするなら、もはや必須といえるのが海外旅行保険です。

海外旅行保険に加入すると、海外でケガや病気をした場合、他人の所有物を破損した場合、金銭的な補償を受けられます。

クレジットカードに付帯する海外旅行保険もありますが、海外での治療費や損害賠償は高額になりがちのため、クレジットカードだけでカバーできるとは限りません。

海外旅行を不安なく楽しむには、治療費が無制限のプラン、サポート体制が充実したプランなど、不測の事態にもしっかり補償してくれる海外旅行保険を選ぶのがおすすめです。

この記事では、海外旅行保険の必要性についてご説明するとともに、治療費が無制限のおすすめ保険商品をご紹介します。海外旅行へ行く機会の多い方はもちろん、初めての海外旅行を計画されている方も必見の内容となっておりますので、ぜひ参考になさってください。

海外旅行保険とは

海外旅行保険とは

海外旅行保険とは、海外旅行中の予期せぬトラブルやアクシデントによって発生した費用負担をカバーしてくれる保険です。

旅行中のケガや病気、持ち物の盗難や破損など、日本と同様に海外でもどんなアクシデントが起きるかわかりません。住み慣れている日本とは気候や環境などさまざまな違いがあるため、むしろ海外の方が体の不調が起きやすかったり、トラブルに巻き込こまれやすかったりするのです。

海外旅行保険は、海外旅行中に起こったアクシデントに対する補償であり、海外旅行に行くのならもはや加入は必須といえます。

海外での医療費は高額になりやすく、他人の所有物の破損に対しても高額な損害賠償が請求されます。安心して海外旅行を楽しむためには、短期間であっても海外旅行保険に加入しておくことをおすすめします。

海外旅行保険の主な補償内容

海外旅行保険に付いている主な補償は以下の3つです。

ケガや病気に対する補償

外旅行中に発生したケガや病気の治療費や手術費、入院費をカバーする補償です。また、ケガや病気が原因で亡くなった場合に受け取れる死亡補償、後遺障害が残った場合に受け取れる傷害後遺障害補償などもあります。

他人や他人の所有物に損害を与えた場合の補償

他人にケガをさせてしまったり、他人の持ち物を破損してしまったりなど、他人や他人の所有物に損害を与え賠償責任が発生した場合の補償です。

欠航や遅延など交通機関のトラブルが起きた場合の補償

飛行機の欠航や遅延など、交通機関のトラブルによって予定外の移動費や宿泊費が発生した場合の補償です。また、空港の手荷物受け取りが遅れたことで、予定外の費用が発生した場合の補償もあります。

クレジットカード付帯の海外旅行保険じゃ物足りない

クレジットカード付帯の海外旅行保険じゃ物足りない

海外旅行保険は、クレジットカードに付帯している場合もあります。回数の制限がなく保証期間も長いため、長期の旅行にも対応可能です。さらに、無料で発行できるクレジットカードであれば、保険料も実質的に無料ということになります。

このように、クレジットカードに海外旅行保険が付いていれば、旅行する度に保険加入する必要がなく手軽なように思えます。しかし、クレジットカード付帯の海外旅行保険では、補償内容や補償金額が物足りず、さまざまなトラブルによって発生した損害をカバーしきれない可能性があることを理解しておかなければなりません。

クレジットカードの海外旅行保険で補償される限度額は、ケガや病気の治療費で50〜200万円ほどです。日本で治療する感覚でいれば十分事足りるように思えますが、海外の治療費は高額になるケースが多々あります。特にアメリカやヨーロッパの医療費は非常に高額で、クレジットカードの限度額ではまかなえない可能性があるのです。

一方、海外旅行保険に新たに加入する場合、ケガや病気の治療費は数千万円から無制限のものまで幅広くカバーされた保険を選ぶことができます。また、海外旅行保険の賠償責任は1億円以上の保険がほとんどです。補償の内容や金額の異なる多種多様なプランの保険が販売されているため、自分に合う保険が選べるのもメリットでしょう。

海外旅行先ではどんなアクシデントが起こるかわかりません。自分で気をつけていても、予測できない事故に巻き込まれる可能性もあります。

クレジットカード付帯の海外旅行保険は手軽で便利ですが、これだけでは治療費や賠償責任をカバーできるとは限りません。安心して海外旅行を楽しむためにも、海外旅行保険は手厚くカバーしてくれるものを選ぶのがおすすめです。クレジットカードの保険に上乗せする形で、海外旅行保険にも加入しておきましょう。

おすすめの補償内容は治療費が無制限のプラン

おすすめの補償内容は治療費が無制限のプラン

海外旅行保険には、異なる補償内容や保険金額を付けたさまざまなプランがあります。その中でも特におすすめなのが、ケガや病気の治療費・救援費が無制限のプランです。

海外旅行保険のプランには、ケガや病気の治療費・救援費を1,000万円や2,000万円など金額の上限が設定されているプランのほかに、「無制限」というプランがあります。

治療費の上限があるプランと比べると、無制限のプランは保険料が高めに設定されています。しかし、費用の上限がないため、高額な医療費がかかってしまった場合でも安心して治療を受けられるでしょう。

海外は治療・救援費用が高額になりがち

治療費が無制限の海外旅行保険をおすすめする理由には、海外の治療費・救援費の高さがあります。日本では想像できないほど高額な治療費がかかるケースがあるため、上限金額が設定されたプランよりも無制限のプランを選んでおいた方が安心です。

医療費の高額な国や地域において、ICUへの入院や手術が必要なケガ、病気の場合、治療費が1,000万円を超えることは珍しくありません。日本の治療費よりも海外の治療費は高額になりがちということをしっかりと理解しておきましょう。

なお、海外旅行保険の治療費無制限というのは、その補償が一生続くというものではありません。海外旅行保険は旅行の日数に合わせて加入するため、保険が適用される期間は限定されています。一生涯の補償が無制限になるのではなく、一度のケガや病気に対して支払われる治療費・救援費が無制限になるということです。

高額な医療費がかかる事例

海外旅行保険に加入していない場合、海外での治療費は基本的に全額自己負担となります。よって、どの国や地域であっても、病院を受診した場合の治療費の負担は大きいですが、特に高額な治療費がかかるのがアメリカとヨーロッパです。

アメリカ(ニューヨーク)の事例

アメリカは、海外でも特に高額な治療費がかかる国のひとつです。外務省によると、ニューヨーク市マンハッタン区の治療費は同区外の2~3倍になります。専門医の診察費用は1,000ドル、入院費用は1日あたり1〜2万ドルに及ぶこともあります。

外務省ではこのようなアメリカの高額な治療費に備えるために、渡航後に現地の医療保険に加入するか、渡航前に十分な補償のある海外旅行保険に加入しておくことを推奨しています。1回の入院で数百万〜1,000万円の費用がかかるケースもあるため、治療費が無制限の海外旅行保険に加入しておくと安心です。

参考:外務省『世界の医療事情 アメリカ合衆国(ニューヨーク)』(https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/n_ame/ny.html)

フランスの事例

ヨーロッパも高額な治療費がかかる地域であり、特にフランスの治療費は非常に高額になる可能性があります。

原則として治療費は自己負担となるため、外務省では渡航前に十分な補償のある海外旅行保険へ加入しておくことを勧めています。フランスを始め、ヨーロッパへの海外旅行を検討している場合は、治療費無制限の海外旅行保険に加入しておくとよいでしょう。

また、フランスと日本では医療機関での診療や救急車の利用などに異なる点があるため、旅行前に現地の医療事情について把握しておくことをおすすめします。

参考:外務省『世界の医療事情 フランス』(https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/europe/france.html)

治療費が無制限プランのおすすめ商品は?

治療費が無制限プランのおすすめ商品は

海外での高額な治療費を考えると、海外旅行保険は治療費の上限がない無制限プランを選ぶのがおすすめです。

治療費の限度額があるプランと比べると、無制限のプランは保険料が高く設定されています。しかし、万が一のことを考えると、治療費を気にしなくて済むのは大きなメリットではないでしょうか。旅行前に治療費が無制限の海外旅行保険に加入し、海外旅行中の不測の事態に備えておきましょう。

ここでは、治療費が無制限の海外旅行保険の中から特におすすめしたい商品をご紹介します。

補償を重視したい方向けの海外旅行保険

インターネット契約サービス(東京海上日動)

補償を重視したい方は、付帯サービスが充実している東京海上日動のインターネット契約サービスがおすすめです。

東京海上日動の海外旅行保険には、ケガや病気の有無にかかわらず利用できる「トラベルプロテクト」というサービスがあります。

たとえば、現地の言葉が通じず困ったときに電話で通訳してもらえたり、クレジットカードを紛失した場合にカード会社への紛失届の手続きに関するアドバイスをしてもらえたりと、海外旅行中に発生したトラブルのサポートをしてもらえます。トラベルプロテクトは海外旅行保険に含まれるサービスのため、手数料は必要ありません。

また、東京海上日動の提携病院で受診する場合、現地の病院窓口で治療費を支払わずに受診を終えられる「キャッシュレス・メディカル・サービス」を利用できます。提携病院であれば東京海上日動への連絡もいりません。提携外の場合は東京海上日動へ連絡すれば、サービスが受けられる病院を紹介してもらえます。

以下の表は、東京海上日動が販売する海外旅行保険の主な補償項目、保険金額の一例です。治療費・救援費は無制限のほか、3,000万円を上限とするプランもあります。(保険金額はプランによって異なります)

主な補償項目 保険金額
傷害死亡 3,000万円
傷害後遺障害 3,000万円
治療費・救援費 無制限
失病死亡 1,000万円
賠償責任 1億円

長期滞在される方向けの海外旅行保険

インターネット契約サービス(AIG損保)

学生の留学や会社員の出張など、長期滞在する方にはAIG損保のインターネット契約サービスがおすすめです。

AIG損保の海外旅行保険プランにはさまざまなタイプがあり、長期滞在される方向けの「留学生プラン」や「出張・駐在プラン」、「ワーキングホリデープラン」などもあります。

たとえば、留学生プランでは最長1年まで、留学する期間にあわせて保険期間を自由に設定することが可能です。現地で住居を借りて生活しているときに発生したアクシデントなど、長期滞在ならではのトラブルにもしっかり対応しています。

また、AIG損保は世界8拠点にアシスタントセンターやサービスセンター、世界4拠点にメディカルチームがあります。AIG損保ならではのグローバルなネットワークによって、スピード感のあるスムーズなサポートが可能です。

自社運営のアシスタントセンターでは、病院や医師の紹介・手配、キャッシュレス・メディカルサービスなどのサポートを行っています。さらに、軽微な案件の場合は、5日以内のスピーディーな保険金支払いも実施しています。

以下の表は、AIG損保が販売する海外旅行保険の主な補償項目、保険金額の一例です。治療費・救援費は無制限のほか、2,000万円を上限とするプランもあります。(保険金額はプランによって異なります)

主な補償項目 保険金額
傷害死亡 3,000万円
傷害後遺障害 90〜3,000万円
治療費・救援費 無制限
失病死亡 1,000万円
賠償責任 1億円
緊急歯科治療費 10万円

まとめ

海外旅行保険は、海外旅行中のケガや病気の治療費、物を破損した場合の損害賠償などを補償する保険です。クレジットカードに付帯している場合もありますが、治療費や損害賠償の上限額は控えめで十分にカバーできるとはいえません。

なぜなら、海外での治療費や損害賠償は高額になるケースがほとんどだからです。特に治療費は、アメリカやヨーロッパといった人気の海外旅行先において非常に高額になっています。

海外旅行保険で高額の治療費をカバーするには、治療費が無制限の保険に加入することをおすすめします。無制限のプランは保険料が高くなりがちですが、慣れない海外旅行先では何が起こるかわかりません。万が一の場合に備えて、治療費無制限のプランを選んでおきましょう。

また、治療費が無制限の海外旅行保険では、東京海上日動とAIG損保のインターネット契約サービスがおすすめです。どちらも治療費を無制限とするプランを販売しており、サポート体制も充実しています。

安心して海外旅行を楽しめるように、治療費が無制限のプラン、付帯サービスやサポート体制が整っている海外旅行保険に加入しましょう。

ページトップへ
エヌシーアイ 東京都世田谷区世田谷4-7-6
セイフピア3階