【海外旅行保険】アメリカへの旅行や留学に最適な補償の選び方 

【海外旅行保険】アメリカへの旅行や留学に最適な補償の選び方

リスクマネジメント事業・損害保険代理店・生命保険代理店の株式会社NCI【エヌシーアイ】

【海外旅行保険】アメリカへの旅行や留学に最適な補償の選び方
【海外旅行保険】アメリカへの旅行や留学に最適な補償の選び方

アメリカに渡航することが決まったら、海外旅行保険への加入を検討する方が多いでしょう。

渡航目的は旅行や留学、出張などさまざまありますが、アメリカ滞在中の万が一に備えて十分な補償を備えておくことが大切です。

そこで今回は、アメリカの海外旅行保険に加入する必要性や、ご自身に最適なプランの選び方、補償されないケースなどについて詳しく解説していきます。

アメリカの海外旅行保険は必要?

アメリカの海外旅行保険は必要

アメリカに旅行や留学、出張などで渡航する際に、海外旅行保険への加入が必須な理由として、「高額な医療費」がかかることや日本と比較して「治安が良好でない」などがあります。

アメリカの海外旅行保険に加入する必要性を確認していきましょう。

海外旅行保険の必要性①:アメリカは医療費が高額

アメリカの海外旅行保険が必要とされる理由として、まずは病院の「医療費が高額」ということが挙げられます。

アメリカでは、日本のように「診療報酬制度」が定められておらず「自由診療制」なので、病院で診察や治療を受けた際の費用は非常に高額となります。

たとえば、ニューヨークのマンハッタン区の医療費は特に高額で、専門医の診察を受けると1000ドル(約10万円)超の診察費がかかったり、1日あたりの入院費が1万ドル~2万ドル(約110万~220万円)もかかったりするケースがあります。

治療費は、診察料、血液検査代、薬品代などとそれぞれ別個に請求されるため、1回の入院にかかる医療費は、数百万円から1千万円になると覚悟しておく方が良いでしょう。

このような高額な医療費を全額自己負担すると、大変な支払い負担がかかってしまいます。

しかし、海外旅行保険に加入していれば、かかった医療費は補償してもらえるので、アメリカで病気やケガで病院を受診することになっても、料金を気にせずに治療を受けることができます。

【参考:外務省「世界の医療事情(アメリカ合衆国)」】
https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/index.html

アメリカの救急車は有料

アメリカでは、病院の医療費も高額ですが救急車を呼ぶ際も有料となるため注意が必要です。

具体的な金額は、救急車搬送中に処置した内容や搬送した距離によって350ドル~2,000ドル(約4万円~22万円)といったように異なります(2017年時点)。

海外旅行保険では、アメリカで救急車を呼んだ場合の費用も補償対象となっているプランがあるため、念のため救急車代も補償対象となっている海外旅行保険を選ぶと安心です。

【参考:一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会】
https://www.otoa.com/support/city_detail.php?area=E&country=US&city=NYC&kdde=2

海外旅行保険の必要性②:アメリカの地域によっては治安が悪いところがある

アメリカへの渡航の際に海外旅行保険が必要な理由として、スリや置き引きなどの被害を受けやすいということもあります。

日本は治安が良い国とされていることもあり、海外での治安の悪さはイメージしづらい方もいるでしょう。

もちろん、アメリカのすべての地域の治安が悪いというわけではなく、治安が落ち着いている地域もありますが、貧困層が住む地域ではスリや置き引きの被害に遭うケースが多く見られます。

こういった「携行品損害」は、海外旅行保険の補償プランに含まれているため、仮に被害に遭った場合でも保険金を受け取ることができます。

具体的には、ご自身の持ち物(バッグ、パスポート、カメラ、時計など)が盗難に遭ったり破損したりした場合、被害に遭った時点での価格か修理費用のいずれか低い(安い)方の金額が補償されます。

アメリカの海外旅行保険の選び方

アメリカの海外旅行保険の選び方

アメリカの海外旅行保険は、多くの保険会社からさまざまなプランが販売されていますが、その中からご自身に最適な海外旅行保険プランを選ぶには、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。

海外旅行保険で補償される主な内容と、選び方のコツをご紹介していきます。

アメリカの海外旅行保険の基本的な補償内容

アメリカの海外旅行保険に加入すると、大きく分けて「病気やケガの補償」「他人や他人のものへの賠償責任の補償」「携行品の補償」「航空便が遅延したときの補償」の4つの補償を受けることができます。

では、それぞれの補償内容について詳しく確認していきましょう。

海外旅行保険の保障内容-1.病気やケガの補償

アメリカの海外旅行保険の保障内容のうち、病気やケガに関する補償は主に以下のものがあります。

補償名 補償内容
傷害死亡・傷害後遺障害 アメリカへ渡航中の偶然な事故によるケガが原因で死亡または後遺障害が残ったときに補償
疾病死亡 アメリカへ渡航中の病気が原因で所定の期間内に死亡したときに補償
治療費用 アメリカへ渡航中の病気やケガで治療を受けたときに補償
救援費用 アメリカへ渡航中の病気や偶然な事故によるケガで死亡または3日以上連続して入院した場合などに、家族が現地に駆けつけるための費用を補償
入院一時金 アメリカへ渡航中の病気やケガで一定期間以上入院したときに受け取れる補償

アメリカは、日本と気候や環境が異なるところが多いため、体調を崩しやすい方もいます。

せっかくの旅行や留学を体調万全で楽しむためにも、アメリカの高額な治療費には海外旅行保険でしっかりと備えておくと安心です。

海外旅行保険の保障内容-2. 他人や他人のものへの賠償責任の補償

アメリカの海外旅行保険の補償内容のうち、他人や他人のものへの賠償責任の補償をするものに「賠償責任」があります。

補償名 補償内容
賠償責任 アメリカへ渡航中に、他人にケガをさせてしまったり、他人のものを破損してしまったりしたときなどに補償

具体的には、以下のようなケースが補償対象となります。

  • 他人にケガをさせてしまった
  • お店の商品を壊してしまった
  • 滞在中のホテルの部屋を水浸しにしてしまった など

海外旅行保険の保障内容-3. 携行品の補償

アメリカの海外旅行保険では、持ち物が盗難などの被害を受けたときの補償も対象となっています。

補償名 補償内容
携行品損害 アメリカへ渡航中に、盗難や火災などの偶然な事故に遭い、携行品に損害が生じた場合に補償

なお、現金やクレジットカードの盗難の補償は対象外となります。

海外旅行保険の保障内容-4. 航空便が遅延したときの補償

アメリカの海外旅行保険では、航空便が遅延したときの補償もカバーされている商品が多いです。

補償名 補償内容
航空機寄託手荷物 航空会社に預けた手荷物の到着が遅れた場合に、やむを得ず購入した身の回り品の費用を補償
航空機遅延費用 搭乗予定の飛行機が遅延したため、予定外の宿泊費や食事代、タクシー代などを支払った場合の費用を補償
旅行変更費用 アメリカへ渡航予定の被保険者が、所定の条件を満たす事由により、出国中止または海外旅行途中で帰国した場合のキャンセル料を補償

このように海外旅行保険では、航空機が遅延したことによって支払った予定外の出費も補償されています。

海外旅行保険の治療費は「無制限」がおすすめ

アメリカの海外旅行保険に加入する際には、高額な医療費に十分に備えられるように治療費は無制限のプランで加入することをおすすめします。

すでにご紹介したように、アメリカでは1000万円超もの医療費がかかる可能性があることを考えると、治療費の補償額に上限があると不安になってしまいます。

治療費が無制限の海外旅行保険プランは、制限ありのプランと比較して保険料が高額になることが多いですが、せっかく加入するのであれば十分な保障を付けておきましょう。

クレジットカードの海外旅行保険では不十分?

海外旅行保険は、保険会社が取り扱っているものだけでなく、クレジットカードに付帯しているものもあります。

クレジットカードの海外旅行保険を利用すれば、保険会社の海外旅行保険に加入する必要はないと考える方もいるかもしれませんが、多くの場合、クレジットカードに付帯している海外旅行保険だけでは、補償内容が不足していたり補償金額が不十分だったりします。

その結果、アメリカでのさまざまなトラブルに対応できずに自己負担額が発生してしまう可能性があります。

また、クレジットカードの海外旅行保険は補償期間が90日間までのものが多く、アメリカに91日以上の長期出張や留学をする場合は補償が途中で切れてしまいます。

ゴールドカードやプラチナカードといった年会費の高額なカードでは、補償内容が充実していたり補償額が高額に設定されていたりするものもありますが、年会費が無料または格安なカードの場合は注意が必要です。

しかし、せっかく付帯している補償を利用しない手はないので、クレジットカードの海外旅行保険も活用し、不足する保障を保険会社が扱っている海外旅行保険でカバーすると良いでしょう。

補償されないケース

アメリカの海外旅行保険に加入しておけば、さまざまなトラブルに遭った場合の補償を受けることができますが、すべてのトラブルに対応しているわけではありません。

海外旅行保険で補償されないケースもありますので、「知らなかった!」と失敗しないように確認しておきましょう。

妊娠・出産などに起因する治療費

妊娠や出産、早産、流産などによる治療を行った場合の治療は、一般的に海外旅行保険の補償対象外となります。

アメリカへ新婚旅行に出向くご夫婦の中には、妻が妊娠中というケースもあります。

妊娠中でも海外旅行保険に加入すること自体は可能ですが、妊娠や出産などで治療を受けた場合の治療費は原則として補償されません。

ただし、妊娠初期(妊娠21週目までなど)の方は、妊娠や出産に関する治療費も対象となる海外旅行保険プランもあるので、周数的に該当する方でアメリカへ渡航する場合は検討してみると良いでしょう。

持病が急激に悪化した場合の治療費

持病がある方がアメリカへ渡航する場合、現地で持病が急激に悪化してしまったときの治療費は、海外旅行保険では一般的に補償対象外となっています。

しかし、海外旅行保険に「応急治療・救援費用担保特約」が付いているプランであれば、補償上限額が決められていますが補償対象となります。

持病がある方がアメリカへ渡航する際には、持病が悪化した場合の治療費も補償される「応急治療・救援費用担保特約」プランのある海外旅行保険を選ぶと安心です。

まとめ

まとめ

アメリカの病院で治療を受ける際には、高額な医療費がかかることが多いです。

また、アメリカの地域によっては治安が悪いところがあり、スリや置き引きといった犯罪が多発しています。

こういったアメリカでのリスクに備えるためには、海外旅行保険への加入が必要です。

アメリカで楽しい時間を過ごすためにも、ご自身に最適なプランの海外旅行保険で「安心」を身に着けて渡航してください。

ページトップへ
エヌシーアイ 東京都世田谷区世田谷4-7-6
セイフピア3階